コストが安いだけが魅力じゃないネット証券!

一般の証券会社より、コストがおさえられるネット証券は手数料が無料のところが多いです。
そして、リアルタイムに近い状態で株の値動きの情報が手に入る事や、夜でも取引ができたり時間の面でもいろいろと便利です。

 

フットワークよく売り買いしたい人なら(自分でよく勉強した上で、リスク回避も何もかも知った上で)ネットがいいです。

 

ただし、一般の証券会社はいろんな知恵を持つベテランが揃っていますから証券の運用のプロに相談にのってもらうこともできますし、専門にアドバイスをもらったり、わからないような海外の取引のことなどについても豊富に知識がありますので、一概にコストが安いからネット証券で!と決めつけないことです。

 

投資といっても、株、投資信託、FX、MMF、投資積立など人によって投資のタイプが違うので、自分のやりたいものに合わせて一般の証券会社か、ネット証券かを選択することをお勧めします。

 

株でも長い間の大御所である、大企業が勢ぞろいしている一部東証の企業などへの投資は、運用する上でも上がったり下がったりで、一喜一憂してすぐ買ったり売ったりはしないので、長く運用しますから一般の証券会社の方がいいのかもしれないですし、デイトレーダーのようにフットワークよく売り買いの注文を出す人はもちろんネット証券のほうがやりやすいことになります。


このページの先頭へ戻る